賃貸ゼミ

賃貸物件業者のテレビコマーシャル

不動産関係の仕事は多々ありますが、その中でもとくに賃貸物件業者のCMはよく目にします。賃貸物件を紹介してくれる業者は、ゴールデンタイムにも頻繁にコマーシャルを打ってマーケティングしているので、知らない人の方が少ないのではないでしょうか。少しテレビを付けているだけで、すぐに目にすることができます。 確かに、日本では持ち家はなかなか購入することができませんが、賃貸なら簡単に借りることができます。利用者の母数がそれだけ多いということなので、コマーシャルもよくやっているということです。このおかげで、不動産仲介業については親しみを感じている人の割合が高くなっています。 名前さえ知っていれば、ネットで検索してすぐにヒットさせることができます。そのため、業者は覚えやすいようにメロディーに乗せて自社の名前をコマーシャルでアピールしているのです。 コマーシャルをバンバン打つのは広告費もかかりますが、それだけ広告費を投入しても大丈夫なぐらい、市場規模が大きいわけです。都市部ではもはや持ち家を持っている人の数の方が希少になっているので、確かに数千万という数の人が対象となります。それだけの規模のマーケティングを行っても不思議ではないのかもしれません。